2006年10月01日

2006COI仙台公演 テレビ放映

27日深夜に放映されたCOI仙台公演をやっと見ましたよー。
地方局だからか、比較的実況解説も静かめ…だったかな。と。
放映内容も、見たかったものはほぼ放映してくれたので嬉しかったです。まず武史の「アランフェス協奏曲」。
ボーカル入りで試合とは雰囲気が変わっておりましたが、やっぱり素晴らしい!
昨季の試合より体も絞ってきていて、ジャンプも高かったです。
あのNHK杯での痛々しい姿の記憶があるので、とても嬉しかったなぁ…。
そして後半のアウトからインにチェンジしながらの長いイーグルが…!!
やーやっぱり本田武史は素晴らしいスケーターだなぁと思いました。
プロとしてどんな演技を見せてくれるのか、楽しみです。

あとは…友加里ちゃんはPIWが初見でしたが、どんどんこなれてきてますね。
こんな大きなショーに出ても、あれだけ笑顔で余裕あったので
今季の試合でも今までよりずっと余裕と自信を持って滑ってくれるのでは、と。

ドロビアツコ&バナガス「パイレーツ・オブ・カリビアン」。
悔しいことにダイジェストでした…!!
それでもあの2人の殺陣(というのかな、西洋のでも)はカッコイイです!!
やっぱりアイスダンスカップルは迫力あって素敵ですね。

ベレズナヤ&シハルリドゼの「チャップリン」も素敵でした。
いかにも「ショー」って感じで。これは実況も程良くて良かったです。
私はチャップリンの映画をろくに知らないので…(苦笑)
「モダンタイムズですね」なんて一言添えてくれるととても見やすいのです。

さてさて、しーちゃんは「アヴェ・マリア」「ユーレイズミーアップ」。
そして「ユーレイズ〜」のアンコールで「トゥーランドット」を滑ってくれました。
イナバウアーから3+2+2のジャンプ、そして最後のスピンまで。
フレンズ・オン・アイスが日本でトゥーランドットを滑る最初で最後だったのに
…まぁ、地元・仙台ですものねー(笑)。

そんな感じで、結構満足いく放映だったかなーと思います。
多少「うるさいなぁ」と思うところもありましたが…まぁこんなものかなと。
posted by ミヅカ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アイスショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79745558

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。