2007年10月06日

【2007-2008】日米対抗戦 感想

ごっめんなさーい! チームアメリカの最初の選手、見逃しました!
あとで録画再見のときに余裕あったら書きます…。

というわけで、見ながらさらさらっと感想書いてみます。町田樹(FS:白鳥の湖)102.34
ジャンプたっかいなー!!というのがまず印象。
3アクセル決めてましたけど、去年よりぐっと安定しましたねー。
そして動きはまだ重いけど、ジュニアらしからぬ表現力…。
でも後半は疲れが出るのかな、つなぎの部分が気が抜けてしまったみたい。
ジャンプもシングルになっちゃったしねぇ…。

中庭健介(SP:サラバンド)
やったぁ4回転跳んだぁー!
中庭選手はどうしてもジャンプ失敗で損しがちだから、成功すると嬉しい。
エッジ意識してしっかりステップ踏んでますねぇ…やっぱ厳しくなったんだな。
そして手の表情とか、すごく上手くなりましたね? FSが楽しみ!

ライアン・ブラッドリー(SP:ゴッドファーザー) 49.56
なーんか、ジャンプが、不調ですか…? 体が開いちゃってますね。
まぁまだ調整不足なんだろうって言っちゃえばそれまでなんですけど。
でもこういうゆっくりな曲調で「間が持つ」ってのはすごいことですね!
これはジュニア選手には出来ませんよー。

南里康晴(SP:月光) 51.07
うわぁあああ南里くんが月光ってすごい似合うと思うんだ実は!!
シャイボーイだからキャラものじゃないと出来なかったんだろうけど
彼の深みや透明な渋みとでもいうのかな、それにすごく似合うと思うのよ。
…しかし、プレッシャーにはやっぱまだ弱いんでしょうか…ジャンプミスっちゃった。
点数は辛くも50点越えってとこかぁ…仕方ないですよね。
あぁでも素敵なプロですね! 今季、とっても楽しみだ。

ジョニー・ウィアー(SP:ユノナ&アヴォス) 73.90
うっきゃー!ジョニーの髪が! 髪が!!
ジャンプがちょっと危うげでしたけど、すんなりしなやかな身のこなしは眼福です。
…おぅ、見入っちゃった…。さらさらと流れるような、綺麗なプロでしたー。
SPだと、こういう「ただひたすら流れていく美しさ」も飽きず見ていられますねー。

高橋大輔(FS:ロミオとジュリエット) 122.83
4回転は着氷が乱れました。2回目も転倒。本当に、入れてきましたね2回!
そんでスピンもシーズン序盤らしくレイバック。私、彼のレイバック好きです。
んでなんか…上体の範囲が広がった…? 今まであった上体の狭さが無い。
ストレートラインはいかにも「さあ、見せ場だよ!」て感じですね。好き。
…何故! 何故スピンのラストで天井カメラ…!!(床を拳で叩きつつ)
ええっと、総評としては、まだプロが体に全然馴染んでないのでこんなものかな、と。

ジェレミー・アボット(FS:ワルツ) 116.96
ライザチェクが欠場になって、出場することになったのだったかなー?
決して悪い選手じゃないんですけど、高橋の次はちょっと嫌ですよねー…。
んっと、本来はスピード感のある、軽さのある演技の選手なのかな?


というわけで、日本男子は今回も残念ながら負けー。
点数出たときのチームジャパン(男子)が可愛くって、ちょっとなごみました(笑)。

しかし、観戦力が衰えてますミヅカさん…。自分にがっかり!

さて次は、選手紹介映像挟んで女子の演技です。
ミライ・ナガス(FS:コッペリア) 85.96
すごく綺麗なポジションのスパイラル! 北米系の魅力的な選手ですね!!
と思ったら3サルコウは転倒。でもスピン速いわぁ…。
動きが軽くって、ふわって跳んでスパって止まる。ああ数年前の真央さんだ。
ジャンプは今日は不調なんでしょうか。ミスが連続ですね?
調整不足なのか、緊張してるのか、疲れているのか、うーん。残念です。
でもスピンは軸がタイトで綺麗に回るなぁ。
あぁああぁ、でも魅力的な、これからがすごく楽しみな選手ですねー!

水津瑠美(FS:ストレンジパラダイス) 87.79
大人びた少女の美しさ、といった雰囲気が魅力の選手ですよね。
雰囲気に頼りすぎという印象がありましたが、今回はジャンプ跳んでますねー。
…ってゆか、ものすごく調子良くないですか? ジュニアは既に開幕してるからかな。
うわー、きちんとまとまった良い演技でした!

キャロライン・ジャン(SP:スパニッシュジプシー) 56.78
3+3にしてきましたね! うっわ、末恐ろしい…まだローティーンなのに…。
才能ある子供だけが持つ迫力に溢れた選手ですねー。
あぁあやっぱジャンもスパイラルが素晴らしいです…!泣きたくなるようなスパイラル!
そしてパールスピンは、やっぱり、あああ、びっくりします…。わかっていてもびっくり。
んー、でもやっぱり「リンクが広く」感じてしまう、かな。これからどこまで来ますかね?

安藤美姫(SP:サムソンとデリラ) 46.54
わー、女王らしくなりましたね! なんだかとっても嬉しい。
才能ある人間が、努力を重ねて自信を持つと、こんなにも素晴らしく見えるのね。
…あああああああ!! 最初のジャンプ転倒で肩痛めたのかしら?
ジャッジのとこ行ったけど…途中から、再開ですね。良かった。
でもスパイラルの様子を見ると、やっぱり肩が痛いみたい。心配です。
でもそんなアクシデントを忘れさせてくれるくらい、魅力的な演技!
舞姫と並び称されるほどの優れた魅力的な踊り妓、という印象でしたー。
んふふふふ、可愛くて子悪魔っぽくてキュートで、いいですねいい女ですね!

レイチェル・フラット(SP: ) 53.78
ジュニアで有名な選手ですねー。
体の線などを見た限りでは、ジャンパーなのかな? 迫力あるジャンプですね。
元気いっぱいで、見ていて楽しくなる演技をしてくれる選手ですね。
来季にはシニアに上がってくるんでしょうか。楽しみだなー。

浅田真央(SP:ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア) 60.42
真央さんには珍しい色合いの衣装ですねー? 色ってか、デザインが?
ジャンプ、着氷してもまだ宙に浮いているような素敵な着氷は相変わらず。
腕のしなりが綺麗になりました。あ、見たこと無いポジションのスパイラル。
なんか…全然違う人みたいな、ステップ…しなるように大きく上下左右に動いて。
スピンも、「回るって楽しい!」て感じじゃなくて、何か閉じ込めていくような。
大人っぽいというか、あー、思春期です。過渡期。
どんどん内面へ、自我の深くへ向かっていく精神を、でも表現出来てる。
…うわー…これですよこれ、これが天才というものですよ…怖くて涙出てきた…。

村主章枝(FS:オブリヴィオン) 90.15
…あ!!!!!! 大好きなのこの曲の村主の演技!!!!!
最初のジャンプは失敗。でも、あぁ、村主です。細やかなストイックな精神性。
ジャンプはやっぱり、キツくなってきているのかな…。
決してスパイラルだって、北米の選手みたいなお手本のようなものじゃないのに
どうして心を掴んで離さないのかな、彼女の演技は。
中パートはアップテンポな曲、でもアルゼンチンタンゴですねきっと?
あああなんて魅力的なステップなんだろう、これは! 本当に!
でも最後はアップテンポなままでも良かったかなー。
点数は低いけど、本当に、本当に素敵な演技でした。

ベベ・リャン(FS:黄河ピアノ協奏曲) 92.48
あら恩田みたい。とつい思ってしまいました。体型も、衣装も。
スケール大きくて、素敵な上体の動きをしますねー。フラットとはまた違う選手。
ジャンプがちょっとミスってますけど、決まると気持ちいいジャンプですね!
いやぁかっこいい演技する選手ですねー。もっと強くなって、出てきてほしいな。


あらららら女子も負けてしまいましたか…。
でもチームジャパンの女子はものすごく、素晴らしかったです!!

さぁて、もいっかい見よーう。
posted by ミヅカ at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 国際大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本チームはちょっとミスが多くて残念でしたね。
私は村主さんも大好きなので、あの演技には見入ってしまいました☆
まだシーズンは始まったばかりなので、これからに期待ですね♪

明日は中野さんの番です!がんばってほしいです!
Posted by きら at 2007年10月07日 00:10
>きらさん
ミスが多かったですね。でもエキシビジョンマッチだし、
新プロお披露目試合だと思っているので、あまり気にしてませんよー。
ミスよりも、オフシーズンの間にどれだけ成長したか!が見れて
嬉しくってたまりません。うふふ。

明日の中野さんも、どんな風に成長しているか楽しみですねー!!
Posted by ミヅカ at 2007年10月07日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79745639

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。