2007年10月29日

【2007-2008】GPシリーズ スケートアメリカ 男子SP&FS(一部)

地上波は一部選手のみだったので、いっそトップ2だけ感想書きますねー。
スカパーでの放映で全選手やったら、改めて書きます。
SPは2〜6位が0.85点差という接戦だったというのに、テレ朝のばかー。

(11/4:男子FS少し追加)

ということで、感想。【男子SP】
エヴァン・ライザチェク(アメリカ)(33.30+35.40-1.00=67.70)
「マスク・オブ・ゾロ」
ジャンプは最初の4回転以外(3Aと3Lz)はキレが良くていいジャンプでした!
しかし、ってことは、4回転のコンビネーションにするのかー。
CiStよりSlStのほうが速いし細かいし、密な感じでカッコいい気がしますよ?
全体的には、かっこいいんだけど、うーん。なんか地味?というの?

高橋大輔(日本)(43.04+37.00=80.04)
「Swan Lake」
ロットバルトだー。そうかぁ、そう来たかー。
最初のジャンプがふわっと浮いたのに、まず衝撃を受けました…!
ステップの盛り上がりが凄いなぁ…明るいリンクで見ると、あれでバランスを
取れていることが、謎すぎる…。三半規管弱い私は絶対、眩暈起こしますよ。
シットスピン、随分頑張りましたねー! 弱かったのに、ちゃんと強化したんですね。

ジャンプの途中でカメラ切り替えるのは嫌なやり方だなぁ。(テレビ局へのグチ)

【男子FS】
アンドレイ・ルータイ(ロシア)(113.97=54.47+59.50)
「トスカ」
クワドジャンパーということで、ジャンプは高いなーと思いました。
着氷、バランス悪いけど降りてるのは…すごいけど。それに頼りきりは良くないよ?
別に下手じゃないんだけど、まだ花開いてない感じがしますね。
あとはスピン含め、全体的にちょっともったりしてるのが勿体無いなぁ。
動きは品があって綺麗だし、いかにもロシアン男子って感じなのですけれどね。

アルバン・プレオベール(フランス)(127.35=61.65+65.70)
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」
ジャンプがちょっとバラけてしまいましたね。調整不足なのかな?
演技派な彼ですが、やっぱりジャンプが決まらないと安心して見れないものです。
サーキュラーの雰囲気はいいですね! 他の選手には出来ないなー。
後半のジャンプは手堅くまとめました。この辺は20代の強さですね。
あらシットが高い…男子はこれに苦しむ選手、今季は多いでしょうね。

パトリック・チャン(カナダ)(145.86=76.36+70.50)
「四季」
下半身の安定力が素晴らしいですね! ジャンプがなんて安定してるんだろう。
腰がぴっちりと定まっていて、綺麗に回ってる。ステップでもそうですね。
あーイーグル綺麗ですね! スケーティング上手い証拠です。
というか、どのエレメンツもしっかり出来てる。ジャンプもスピンもステップも良いです。
16歳とあってまだストイックな優等生男子という雰囲気ですけど、これから
数年かけて彼のカラーを確立させてくるのが本当に楽しみ。小塚くんみたいですね。

エヴァン・ライザチェク(78.58+73.80=152.38)
「トスカ」
白い!!!(そこかよ)(いやでも驚きじゃないですか?)
彼くらい長身の選手が4T跳ぶと迫力ありますねぇ…。テレビでもすごい。
あれ、意外と彼、こういう袖がゆったりした衣装いいんじゃないですか?
細くて長い手足が時に棒のように見えてたんですが、これだと緩和される気が。
スローパートでの情感の出し方も、良くなった気がします。
どうにも無表情な印象が強くて、「良い選手だけどねー」て思ってたんですけど。
あ、やっぱSlStのほうがかっこいい…。あ、あ、あーラストすごいかっこいいです!
あんな激しい緩急つけられる選手でしたっけぇえ…!? あのラスト、すごくいい!
音楽の盛り上がりと相まって、観客の感情を一気に引き出しますよー。いいないいな。

高橋大輔(74.83+76.10-2.00=148.93)
「ロミオとジュリエット」
チャイコの幻想序曲ですね。この衣装、アップになるとものすごい凝ってる。
ジャンプの転倒2回ありましたけど、他のジャンプは安定してたし気にすることないかと。
CiStは決闘シーンなんだろうなー。んでスローパートでバルコニー?
ジャンプパート入って、音楽がかなり緊迫感溢れてくるのですけど
それに全然負けないテンション保っててすごいですね! スピードも勢いもある。
最後のSlStはもっと狂っちゃってほしいなぁ…というのは演劇的な要求だなぁ…(苦笑)。
構成はオペラ座とあんま変わらなくて、そこは「どうなのモロゾフ?」て思います。よ!
甘さが殆ど無くて、とにかくシリアスなロミジュリですねー。
ロミジュリってゆか、「悲劇」を表現してるように受け取りました。
きっとNHK杯にはもっともっと磨き上げた形で見せてくれるに違いない。



ちなみに総合結果。
1.高橋大輔(228.97)
2.エヴァン・ライザチェク(220.08)
3.パトリック・チャン(213.33)

スカパーでも全員放映…してくれるかなぁ…(不安)。
1週間後を待つしかない!
posted by ミヅカ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | GPシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。