2007年12月28日

【2007-2008】全日本選手権 男子FS

大阪は本日雨ですよー。選手関係者の方々は大変そう。
さて昨夜の男子FS会場観戦レポ書いておきます。もうテレビ放映しちゃったけど!
でも書くことに意義があるのです。うん。



第2グループ、気になった選手いきます。まずは佐藤光。
初めて聞いた名前でしたが、SPが良かったとの噂を聞いたので期待してみました。
ジャンプは転倒が3回かな、ミスが多かったです。スピンもブレちゃってた。
でもスケーティングがとっても上手い! コシがあって伸びるスケートでした。
何でも、高卒で働きながらスケート続けてるとのこと。お金無いので、コーチにも
つかずに自分で振付してやってるんだそうです。すごい。とても真似出来ない。
来年もぜひ全日本出て、もっと上の順位に食い込んでほしい!

続いて鳥居直史。
彼のFS「オペラ座の怪人」は昨季も合わせると、これで4度目。そして最後です。
緊張していたようで、動きが硬かったです。途中ほぐれたようでしたけど。
3連続ジャンプはよく持ちこたえて付けた!という感じでした。頑張った。
スピンは良かったと思います。ステップは硬かったかな。
もっと良い演技を見たことあるだけに、ちょっと残念な演技だったかな…。

末永巧。
今年の東日本で「知らない選手が上位にいる!」と思った選手。
なんだかすごく良かったですよー? スケートよく走ってて。
最初がスピンだったのですが、ポジションがキチッとしてて速く回ってて
気持ち良いスピンでした。
がっしりした体型じゃないけど、スピードあるからブレイブハートに負けなかった。
後半の転倒後はどこか痛めたらしく、あちこちバランス崩してしまいました。残念。


さて第3グループ。
柴田嶺。
ものすごく良かったんですよー!!転倒が1回、それ以外はノーミス?
3+3も2A+3も綺麗に決めて。そしてしなやかさの中に力強さと暖かさが
すこーしですけど加わったかな、と。無表情な感じが薄れました。
スピン、上向きキャメルからのドーナツもビールマンも綺麗でした。
スパイラルも。綺麗な体だなぁと魅入ってしまいました。
まだCiのとこは曲負け気味でしたが、ホルンからの幻想的なパートがぴったり!
妖しい生きもののようでした。伝説の中に棲む生きもの。

吉田行宏。
スピードあるスケートで気持ち良いなーと思いました。転倒は無かったかな?
中盤のSlがフラメンコギターに乗って勢いあって、すごく良かったです。
暫定1位になったとき、キスクラで嬉し泣きしてました。オーロラビジョンに
映った自分の泣き顔に照れ笑いしてたのが可愛かったです。

小林宏一
大きくてダイナミックなのに繊細なスケートでした。緊張のせいだったのかな?
いつもよりゆっくりな動き。手が雄弁でした! 由希奈ちゃんの影響かしら。
最初はパンクしたのかな、確か3Tになってました。後半にもジャンプミス。
でもそこからしっかり持ち直したのは偉いと思いましたー。

佐々木彰生
今回、私の中でかーなーりー注目度高かった佐々木くん!
期待通りの素敵な演技を見せてくれました! 楽しんで滑ってたみたい。
冒頭、素晴らしいスピードからのルッツがなんと3連続ジャンプ!
転倒が2回ありましたが、何のその。ステップはずっと手拍子でした。
滑りを見ているだけでワクワクする選手なんて初めてです。


長い…。とりあえずここで切りまーす。
最終グループはまた後ほど。
posted by ミヅカ at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内大会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79745687

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。