2008年02月17日

【2007-2008】四大陸選手権 女子SP&FS感想

えーと、もうエキシビも終わったのかな?
試合自体が終わったのはもう24時間も前なのですけど、女子の感想です。


【女子SP】
フルで放映された安藤&浅田だけ。

安藤美姫
「サムソンとデリラ」
ちょっと表情固いかな、動きもちょっと重い感じ。3Lz+3Loは素人目でも回転微妙でしたね。
スパイラルも出来てはいるけど、動きが固い感じがしましたね。
SlSt、曲調変わるところで何かアタック(音楽用語的な意味の)があると良いのかも。
インタで頭痛があって調子があまり良くなかった、というようなことを話していましたが
そういう中できっちり演技をこなした、ということも彼女の成長なのでしょうね。

しかしあの全日本のカルメンを見た後だと、このサムデリじゃちょっと物足りない…(苦笑)。
考えてみたらデリラって、誘惑する美女だけど、国を救うヒーローなのですよね。
セクシーな女性らしさが求められる役だけど、カルメンとは逆なのか。

浅田真央
「バイオリンと管弦楽のためのファンタジア」
ああバレンタインとか言わないで良いと思います塩原さん。
3F+3T、セカンドジャンプは回転不足取られてるのですけど…厳しいジャッジだったようで…。
フリップはふんわりと上がっていて、浅田真央らしいジャンプでしたー。
3Lzはステップアウト、やっぱりちょっとエッジを気にしているのですかね?
SpSqの最初の前に脚上げるポーズ、よりスムーズに上がるようになったみたい。綺麗。
SpSqはやっぱりSPの構成のほうが、私、好きです。すんなりした脚がよく見えるからかな。
わ、SlSt、すごく良くないですか…? 弦楽器のタメというか、弓を使う独特のふくらみのある
動きに似ていて、曲調にすごく合ってる。腕や上体も、脚もスケートも。

でも衣装はやっぱり、最初の青いのが好き!(個人的好み)
女子の長袖ってどうもあまり好きではないみたい…。


【女子FS】
アシュリー・ワグナー
「タンゴ・ジェラシー」「マンボ・ジャンボ」
3Lz+3Loはセカンドの着氷がちょっと微妙でしたか?
スピン自体はちょっと遅いんだけど、ポーズがぴたりと決まっていて綺麗なのですよねー。
アメリカの選手ってこういうところがしっかりしてると思う。
スパイラルで気迫を感じさせるって、なんて16歳なんだろう。この気迫とか威圧感が
もっと洗練されてくると、また女子には珍しいタイプのスケーターになりそうで楽しみです。
SlStがちょっと重そう…? ステップは踏んでるけど。ちょっと太ったのかしら。

あ、ハッカーの演技流さないのか…。JSportsまでおあずけですね。残念。

村主章枝
「オブリビオン」
今季、村主は本当に苦しんでいるようで、見ていてやっぱりツライですね。
来季もロシアを拠点に頑張るつもりなのでしょうか。
ものすごい速さからの3Lz、
その後の3Fコンボはパンク。3T+2Aのシークエンス
低い姿勢のシットスピンはもうすっかり馴染みましたね。すごいなぁ。
そしてやっぱり、村主のスパイラルは胸を締め付けるような美しさがあります。どうして?
あ、このSlSt素敵。気持ちも乗ってて。ちょっとスピードは無いかもしれないけど、ターンも
しっかりと深くて「滑り」って感じがして素敵です。
あの、どこか外したヨーロッパ系の不思議な陽気さ、みたいなのってここ数年で彼女が
勝ち取ったものですよね。すごくユニーク。彼女は誰にも似てないスケーターになったなぁ。


ベアトリサ・リャン
「黄河」
3Lz+2T。そっか、彼女は3+3じゃないんですっけね。ぐっと下から広がりを見せる演技。
スピンの緩急が上手ですね? どのスピンもしっかりしてる。
そしてやっぱり、アメリカの選手はスパイラルがみんなキレイ! いいなぁ。
スパイラルでこんな雄大さを出せる女子選手ってすごいと思いません?
いくつかパンクと転倒があったのが残念。
ジャンプが決まればプロ全体にも安定感が出て、もっと大きな演技になりそうです。

ジョアニー・ロシェット
「ドン・ファン」
…あれ、ちょっと痩せました? 痩せたというか、筋肉をちょっと減らしたというか。
衣装のせいもあるかもですが、全体の体のラインが女性的に、エレガントになりました。
3Lz+2T+2Lo、3F、3Loときれいなジャンプ。安定してて良いですねー。
SlStがかっこいいのに、なんだかチャーミングにも見えます。
…んにょ、ちょっと塩原さんの実況でジャンプに気を取られすぎるのが悔しい…。
3T+3Sのシークエンスってすごい不思議。前からこうでしたっけ? あれ?
2A2Aのシークエンスは見覚えあるんですけど…。あ、復習してないことがバレる。
最後のCCoSpはちょっとバラけちゃったかな。でも全体的にすごーく素敵でした!
何というか、とっても満腹感のあるプロ? ぎっしり詰まってて。

浅田真央
「幻想即興曲」
新衣装、赤系の中に白のマークが入ってるせいか、ちょっとトリノの荒川SP思い出します。
赤というよりボルドーですか。あのグラデ入ってふわふわと重なったスカートはとても可愛い。
あと腰の低い位置に白のダイヤ型ウエストマーク、彼女の背筋の綺麗なラインが際立って
すごく品が良いというか…優駿のような美しいラインに見えます。

3Aは久しぶりに完璧な美しさ。3F+3TはDGなのですね。ちょっとの不足だと思うんだけどな。
スパイラルのあとの3Lo、あのゆったりしたスピードから跳んでしまうのだから驚き。
2A+2Lo+2Loもふわふわりと決めてしまって。
SlStはめくるめくピアノの音を指先で拾っていて、きらきらと綺麗。
でも欲を言えば、GPF(かな?)のときのような深い粘りのある下半身の動きも見たかった。
駄目押しというか…ふわりと舞い降りる動きが彼女は綺麗だから、2Aで終わりなのが
とても素敵なのだと思います、このプロ。

点数が出てるときに鼻をかむ選手って見ない(笑)。

ナヨン・キム
「モルドバ」
振付、樋口先生なんですねー。
わぁ3F+2T、軸がしっかりしてる。って八木沼さんも言ってる(笑)。
トゥジャンプがキレあって良いのかな。ものすごーく無表情で滑っているのが難ですが。
スローパートになったとこの振付、樋口先生っぽい? 女の子らしくてエレガントな感じ。
浅田真央の後に、これだけしっかり演技が出来たというのはすごいところですね。
まだまだ、いかにもジュニアって感じの演技でしたけど、それはこれからの話。

アナスタシア・ギマゼチノーヴァ
「セレクション・オブ・イースト」
あ、この肌の色と瞳の色には覚えが。見たことはあるんですねきっと。
最初のジャンプはパンクして失敗。その後はミス無く続いて。
東洋系、中東系?の音楽。不思議ですね。体の内側を外へと開くような。
周りを引き込む集中力というかな…不思議とじっと見つめてしまう演技。
最後のコンビが2S+1Tになってしまったのは残念。最後のスピンもバテてしまいました。
でも27歳って年齢で、これだけの演技が出来るってすごいです。

安藤美姫
「カルメン」
わー。緊張してますね。そのまま3Lz+2Loでミス、クアドに挑んだサルコウはダブルに。
まぁSPの不調そうな雰囲気から、クアド成功するとは思ってなかったので
むしろ変な転倒のしかたして肩を痛めたりしなくて良かった〜と思いました。
でもその後、持ち直す…というか、崩れなかったことがすごい嬉しい! 強くなったなぁ。
ってSPでも私書きましたか? 書きましたね?(笑)
スパイラル、空いてるほうの手をちょっと変えると良いのになー。全日本では出来てたのに。
SlSt直前、もちょっと何か欲しいです! もっとこう、嫣然とした何か!(欲張り)
SlSt、ぐっと底から湧き上がるような何かがあって…スピン、己を刺す動き、スピン、ラスト。
最後のFCoSpの最後、前でキャッチフットして上体をそらしたポーズ、すごく良いですね!
あれ何て呼んだらいいんだろう。すごく、魂が放たれてくような感じがして、ぴったり。
フィニッシュのポーズのときの笑顔がとってもチャーミングで可愛い!
何だろう、すごくご機嫌じゃないですか? 何でだろうな、すごく女の子っぽい。
単に気分なのか、クアドに挑戦したぞっていうドキドキなのか、うーん。謎です。


わぁ表彰台高すぎ! 怖い!!
美姫さんがコールされて表彰台にきたとき、真央さんとハグするとこがすごーく可愛いっ!

さて、来週…再来週?はジュニアワールドですねぇ。ドキドキするー!!
posted by ミヅカ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州・四大陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。