2008年04月27日

大阪・臨海スポーツセンター閉鎖の危機 その4

mixi内で、臨海スポーツセンター見学に行かれた方から色々教えていただいたので、こちらにも開示。
やっぱり現場に行ってお話聞かないと、ダメですねぇ…(ミヅカが行ったわけじゃないですが)。

さてさて、臨海の皆さまの今後の計画について。
今こうして署名を集めているわけですが、その署名をどうしていくつもりなのか?と尋ねたところ
「存続させるのが本当に不可能かを調査・検討する猶予を府からもらう」ために使っていく予定のようです。
府の調査はあくまで「現在の収益状況・資産価値」の調査。改善案までは考えていないのですね。

まだ、現在運営を行っている南海電鉄から情報開示してもらえてないそうなので、断言は出来ませんが
民間の手法で徹底的に改善した場合、運用コストについては黒字化も不可能ではないだろう、とのこと。
施設自体も古い建物ではあるにせよ、あと10年は大規模投資不要、小さなメンテだけでOKだそうです。

しかし、府が提示した期限(5月中くらいに決定したいという意向ですね)は、あまりに短すぎる。
まずはそれを待ってもらうことが第1の目標、ということのようですね。
猶予をもらって検討して、黒字化するのであれば万々歳。無理であれば、断念もありうる。とのこと。

というわけなので「府に負担をかけるための署名は出来ない!」とお考えの方は、ちょっと考え直して
みていただきたいなー、と思うのです。
上記のお話を聞いた感じでは「府に負担をかけず存続するための署名」な気がするのですよね。


随分漢字がいっぱいの記事になってしまいましたが、読んでくださった皆さまありがとうございます。
少しでも、見て楽しむだけじゃなく、選手たちのバックボーンを考えてくださるファンが増えますように。



***過去記事***
「大阪府臨海スポーツセンター閉鎖の危機」
http://daphneblog.seesaa.net/article/93501523.html
「大阪府臨海スポーツセンター閉鎖の危機 続報」
http://daphneblog.seesaa.net/article/93960276.html
「岡山倉敷・福井敦賀リンクをスケート連盟指定リンクに」
http://daphneblog.seesaa.net/article/94476203.html
posted by ミヅカ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94853667

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。